大きくかわりつつある社会、いろいろ考えることも多くなりがちです。自分だけで考えていたのでは、結局こたえがえでないこともあります。
そんなときには、いろいろな本を参考に試みが必要となります。マニュアル本にたよるなと騒がれる昨今ですが、試してみて、自分流の答えをみつけるのが近道だといえます。

勉強は学生がするものと思ってはいませんか?

本当のべんきょうが始まるのは、社会にでてからです。

生きていくこと自体、毎日がべんきょうなのでしょう。