2003/01/05
 ほ とんどの人は、今の地位、生活、環境など・・安定を望むものです。でも、人の営む環境は時と共に変化するのが常であり、自らも変化をし順応していかなけれ ばなりません。安定を望むばかりに自らの変化を拒むことは、結果として不安定な状況に陥ることになります。
例えば、今まで誰にも悪いと指摘されなかったことが、いつの間に二か良くない行為として見られ たことは無いでしょうか?また、今まで何も考えず上手くできた方法が、なぜか上手く行かなくなってしまったことはないでしょうか?
まわりが変わってしまったことによって今まで問題とされなかったことや、上手くできてしまった ことがダメになることは多々あるものです。
つまり、変化する環境のなかでの安定を望むことは、自ら変化し適応する努力(考え方、行動を改 める)を忘れてはいけない事だといえます。

 


 安定を維持することとは。