1998/7/30
 
 いつも心のなかは、満たされることのない不安というすき間があります。 
  この不安を解消するために一生懸命努力するのですが、その努力が自らの器を大きくしてしまうため、いくら努力してすき間を埋めても埋まりません。 
   きっと、そんなことを繰り返ししてひとの心が成長するのだと思います。 
   だから、不安の無い人は成長しません。不安の無い人は、まわりに迷惑をかけるだけで困りものです。 
   そんな人は、いないと思いますが、不安を抱えているすばらしさと大事さを感じることがこの頃あります。
 
 
 
 
 

 

不安を持つ人のすばらしさ