1998/08/05
 

  自分にとって不都合な頼まれ事は、ついつい楽なほうへと考えを運びたくなるものです。そんな時は、できない理由ばかり探し何とか逃げようとします。
 頼む側としては、できない理由を聞いている程暇ではなく、無駄な時間を過ごしているだけです。仮にその時はできなくて、足踏みが続いてもできる方法を探し、考え、工夫すればればいつかは少しでも前進するものです。お互いに前進する気持ちを持ち続け成功すれば、それこそ「やりがい」を感じとることができるのではないかと思います。 
  自分自身だけのことでも同じではないでしょうか?
 
 

 

「できない理由を探すより、できる方法を考える」