1998/09/16
 
 身にふりかかる災難、失敗、都合の悪いこと、などに遭遇したとき気持ちが負けそうになってしまうことがあります。そんな時には、「よかった探し」が役立ちます。 
  現在の自分自身は、過去のいろいろな経験があったからこそあるものだと思うのです。 
  自分にふりかかる全てのことは、栄養でありプラスになるものと考えれば気持ちが楽になります。 
  それには、過去の出来事は全てよかったこととしてうけいれ、 
  今もなお生きて毎日を過ごせることを幸せと思うことが大事です。ひとつひとつの出来事が、自分にとってどの様に役に立つか見つけることが、「よかった探し」なのです。
「よかった探し」のすすめ