1999/11/01
 最近よく聞く「プラス指向」、悪くいわれるのが「マイナス思考」どちらも両極端は困りものです。 
  ほとんどの場合、他人に迷惑をかけています。 
  いつも、自己否定ばかり、反省ばかりしている人は、臆病になり前に進むことができません。そんなひとには、「プラス思考」が強い見方です。 
  反対に何事に対しても良い方にばかり考え、反省もせず、同じ失敗ばかりしているひとには、時には「マイナス思考」も必要だと思います。 
  つまり、人はプラスとマイナスの間をバランスを取りながら前進し大きくなって行くのが 理想的ではないかと思います。

 

バランスが大事