人間の価値PDF)・・・・これは、故 中村章先生の短文です。

若いとき、汗を流すことを怠ると
年をとってから汗を流さなければならない。
いま自分だと思っている自分は本物の自分の1/2だという。
あと1/2の自分を探し出そう。
人間の価値は何を知っているかではなく
何ができるか、何を行おうとしているかである。
 


指示待ち人間

万事、常に前に進んで行くことが大事。
下の者には、「歩きながら(前進しながら)話しはするが、立ち止まらないよ」
「立ち止まって足フミして待っている人は置いていくよ」
と話すようにしてます。
どうも、最近は、もたれかかったり、寄り合ってその場をすごそうとする人が
増えているのが悩みですね。
全てが受け身で、言われなければ動かない・・・・
与えられた問題ばかりを暗記して解くばかりの教育のせいでしょうか。。

 
 
 

ながいものには、巻かれていたい。

人はやっぱり楽したいんんでしょうね。
自分にとって都合のよいものなら、巻かれていたほうが楽だから。
たとえそれが悪いことであっても、その責任は「ながいもの」のせいにしておけば自分は安全だし。
言われた通りに行動して失敗したら、全て言った人のせいだと考える・・・
自分にもそんなところが全くないとは言わないが、そんなふうに巻かれたがってる奴らばかり周りにいると真面目にやっているのがバカバカしくなってきます。
自分の為のことは自分で責任もって行動しろよ。そのための、手助けなら喜んでするんだけどね。
 
兄弟
わたしは、次男です。
小さいときは、いつも兄のあとを追いかけて同じことをしていた記憶があります。
趣味、あそび、勉強・・・・
当然ならがら、体も小さい、知識もとぼしいわたしは何をやっても兄以上のことはできません。
それでも、負ければ悔しいものでいつか勝ってやると・・・挑戦の毎日だったよう気がする。
そうやって続けたものは、いつしか兄を追い越している。
次男だからいつかは外に出て生きて行かなければならない自然の節理なんでしょうか・・
弟のほうが、賢く(要領がいい?)ねばり強くなるんでしょね。