これは便利!!

普通のアルペンスキーでもテレマークスタイルで踵を上げて滑れるようにするアダプタを見つけました。オーストリア製の「SECURA・FIX」というもので、¥13,900で購入しました。

さっそくいつも使用しているスキーに取り付けてみると、思うように歩けません・・・
なぜかというと、XCスキーのようなつもりで歩こうとすると、しっかりワックスの効いたアルペンスキーでは滑りすぎてしまって前にも後ろにも進めなかったのです。
まぁ、登るときはシールを着けるのでこんなもんかな・・・早速ゲレンデへ。やはり、アルペンとはまったく勝手がちがいます。立っていたら前に転んでしまいまた。(笑)
さて、滑り出すと・・・前に転ばないようにへっぴり腰でプルークボーゲンをやってみると「あれれ、XCよりらくちん♪」そうなのです!しっかりとエッジを効かせることができるので簡単なのです。調子にのってシュテムターンをしてみたところ、結構簡単に滑れます。

シュテムターンをしっかりマスターした中級者以上なら、テレマークスタイルじゃなくても中斜面まで滑っておりられます。試しにテレマークのポーズをとったら転んでしまいました。きっと、無理矢理とったポーズがいけなかったのでしょう。(笑)
ただし、お店の人はこれ付けて滑る人はいないよ・・・って言ってたなぁ。。

機構はきわめて単純です。全長をブーツのソール長にあわせる。そして、しっかりブーツが固定できるように金具を調整する。

板側のビンディングに装着すると、異様に高くなります。う〜ん、すごいカービング用プレートのようだ!(笑)
ちなみに、登り斜面では、ブーツの底の傾きが変えられます。

なはは♪テレマークスキーになった♪このあと、すぐ前に転びました。

あとは、シールを貼ってみて登りのテストかな。