蓼科山(北八ヶ岳)

 


北八ヶ岳周辺

大河原ヒュッテをベースに将軍平→蓼科山→将軍平→天祥寺→大河原と(赤ライン反時計回り)の行程でトレッキングしました。高低差は結構ありますが、子供から年輩者まで楽しめるコースだとおもいます。
 

一番近い「夢の平キャンプ場」です。フリーサイトで料金も安くお勧めです。混んでいないときは、車の乗り入れも可能です。 
やはり、安いところはお約束とおり、トイレは汚いです。 
入浴は近くの白樺高原ホテルで可能です。(車で3分) 
 

ベースとなる、大河原峠です。アクセスはマイカーかタクシーのみとなります。
路肩の駐車スペースが結構多いのが助かります。
できれば水は、あらかじめ補給してからここに来た方がよいでしょう。 
 
 

登り始めて30分は、石ころがゴロゴロした急坂が続きます。
唐松林のなかで、見晴らしが良いわけでもなく、歩きやすいわけどでもなく、ジッとガマンの苦しい歩行です・・・・ 
 

しばらくすると、立ち枯れの林にでます。ここまで来れば登りも緩くなるので歩きやすくなります。 

途中の分岐・・・このまま真っ直ぐ「蓼科山」方面に進みます 。 

 


突然目の前に出てきた、草原「将軍平」です。この先に山小屋があります。 
山小屋で用を足すときには、¥200の募金をお忘れなく。ちょっとした食事もできますので、お弁当がなくても何とかなります。

将軍平からは、また岩だらけの急坂が始まります。ハシゴ有り、四つん這い歩行あり・・・・で手袋をもって行ったほうが良いといえます。
写真の「頂上まで5分」の目印がみえたら、その先は頂上です。 
 

頂上に立つ山小屋です 泊まることもできますが、狭いので何かの目的での無い限り麓に降りて泊まったほうがよいですね。
もちろん、食事&お茶もできます。 

 


案内・・・ここは頂上ではありません(笑) 

ここが正真証明の頂上です。石ころだらけの殺風景なところです。天気がよければ、360°見渡せるのですが、霧が結構多いようです。 

 

将軍平から天祥寺に向かう下山道は、これまた石だらけで歩きにくい。 
 
 

こんな、河原の様なところも歩きます。辛い・・・ 

天祥寺近くの湿原です。ここからは、雄大な蓼科山を眺めることができます。山頂でお昼を取らなかったのであれば、ここで昼食&休憩を取るのがベスト。 

天祥寺原の分岐です。右に行けば、R299方面、左に行けば大河原峠方面にでられます。
標識が壊れていますが、間違えることはないでしょう。 

亀甲池、双子池に行く分岐です。大河原に戻る人でも、体力・気力のあるならば、行ってみたいですね。 
 
つまらない道が続くときは、綺麗な野花の観察をしましょう。
 

うまそうですが・・・・食べられるのかどうか。 

TOPへ