阿賀野川を下る(2003年5月4日)

阿賀の川と言えば福島から新潟を流れる一級河川です。上流には只見川が流れ込んでいることもあり、確か日本一の発電量(合計電力)を誇る河川だったと記憶しています。流れそのものは早くはないのですが、水量の性か、その流れは複雑で油断していると結構ヒヤッとすることがあります。




オフシーズンは、無料?の三川キャンプサイト

スタート地点近くには三川温泉、新三川温泉と入浴には好都合です。新谷川を渡ったところにある新三川温泉は17:00以降は¥300円で入浴できるのが魅力。その近くにある三川スキー場のキャンプは夏場のハイシーズンを除けば管理人もいないのか、無料でした。(GW中3グループほどだけ)ここには、野外ホールもあり、その観客席?も芝生なのでキャンプに適しています。


スタート地点へ

三川温泉に行くときも同じ道を通ります。新潟方面から津川へ向かって走り、三川駅入り口の標識が見えたら右折です。標識に従って三川温泉方面に走ります。。


河原への入り口

真っ直ぐ行くと三川温泉ですが、河原にでるには線路をくぐらす、製材所の脇道(左折)を入ります。100強ほど進むと河原に出ます。実はこの近くにもテントが張れそうな公園がありました。


鉄橋下の船着き場?

鉄橋の真下が船着き場になっています。地元の人の釣り船も繋留されています。阿賀野川は、水量が多く深いのか、また川下りの遊覧船のせいなのか、流れの速いところと、逆流しているところ、渦を巻いているところ・・・瀬というよりは、ただ波が立ってるところが多いようです。


休憩

流れに乗れば結構下るのも早いのですが、外れると逆流しているところ&向かい風で大変です。でも、流れに乗っていると遊覧船に警笛をならされ邪魔ものになったり・・・というよりは、上りの回送遊覧船の作り出す波は強烈で避けずにはいられません。なんでも無い瀞場さえ、大波になってしまいます。
左に遊覧船


ライン下り終点

ライン下りの船着き場の近くをゴールとしました。駐車場も広くここなら安心です。また、車もすぐ近くまで寄せられるので楽チンですね。ファルトを裏返て乾かしているあいだに、近くの食道で昼食。スタート地点から約2時間でゴールでした。


 

 

 


TOPへ