旧信越線跡(横川〜軽井沢)(2003年5月10日)


高崎から長野〜新潟を走っていた信越本線は、長野新幹線ができてから横川〜軽井沢間が廃線になってしまいました。この信越本線は、昔は急坂を機関車が登るアプト式有名な区間でした。いまでは、旧線の当時のトンネルが遊歩道になっていますので散歩がてらハイキングが楽しめます。

3号隧道から4号隧道をみる

昭和39年新線が開通したので廃線になってから40年近くになる。既にレールは取り外されてコンクリートで遊歩道化されています。
靴も一般のスニーカーや革靴でも大丈夫でしょう。



長い5号隧道

暗くて長いトンネルは、ネオンランプが取り付けられています。とくにライトなどを持ち歩く必要はありません。

めがね橋

トンネルをぬけるとめがね橋にでます。非常に高い橋で以前飛び降り自殺をしたひとがいたとか・・・
そのために、ステンレス製の手すりがつけられ景観が損なわれています。すぐに乗り越えられるようなものなのであまり意味が無いようにみえます。(撤去してほしい)

めがね橋の向こうのトンネル

ここから先は立ち入り禁止となっていました。松井田町教育委員会が管理しているようです。内壁の陥落などで怪我などの事故が起きた場合、責任を問われるので立ち入り禁止としたのでしょう。
しかしながら、このロープだけでは、危険承知ならどうぞご自由に!そのかわり責任持ちませんと言っているようです。

 

 

ちょっとだけのぞいてみました。確かに内壁はボロボロで足下もデコボコ、中は真っ暗!!度胸のない人は辞めた方が良いでしょう。(笑)

 

 

その2(禁断の・・入っていいのかなぁ)

TOPへ