WEBカメラ(IP KAMERA 9060AK) (2006/11)
 
秋月電子さんのキットにはおもしろくて安いもばかりです。ここで紹介するのは、最近販売されたと思われるIPカメラです。¥10000を切る値段だコレだけの機能と性能ですから脱帽です。
カメラの画像品質は、良くある小さなC-MOSのUSBカメラより奇麗ですから、ちょっとしたスナップショットにも耐えれれ便利です。
以下にちょっとだけ紹介します。


カメラ基板はHTTPサーバとして動作します。この画像はサーバーにログインするとすぐに表示されるViewer機能です。うつされている基板が9060AKの基板そのものです。
なお、IPアドレスの設定は、専用ソフトがありますから簡単に変更可能です。(アクセスはMACアドレスで直にボードアクセスしているので、PCのIP設定を気にする必要がありません)
なお、ネットスケープやOPERAではサーバーが正常に動作しないことがあるようです。


ゲートウェイ、DNSの設定ができるので、単体でWAN上に接続してリモートで画像参照ができます。(まだ、未確認)
 


取得した画像は、メールで自動送信したり、FTPにてUPが出来ます(未確認)。
時刻設定もNTPサーバーに接続する機能なあるようです。もちろん、ログインしているクライアントのローカルタイムでの画像表示保存設定も可能です。


管理者と使用者のパスワード設定画面です。


モーションディテクとした画像を保存みしくは、転送する設定が可能です。モーションディテクトは、感度とエリア設定が可能です。なお、動画の記録も“.avi”ファイルとしてログインしているローカルPCに保存可能です。


ファームのアップデート画面です。


筐体に入れてみました。このボードに載っているカメラ用のASICの発熱けっこうあります。裸の基板でも40〜50℃になりますから、筐体に入れた場合は、換気が必要かもしれません。
発熱とは関係ないのですが、電源を落としてしばらくすると再起動しずらくなります。この不具合は個別なものなのか、設計上の特性(笑)なのかわかりませんが、一度起動すれば24時間動作させても問題なく動いています。(3日間連続稼働させました)
おそらく、起動直後のステータスか何かのリードエラーでもおきているのでしょうか・・・・ブラウザには「system is busy」とのメッセージがでますが、その後の反応がありません。

数度電源をON/OFFしたり、付属のipeditソフトで何度かアクセスすると不思議と直ってしまいます。当然ですが、ちょっと業務的にはつかえないですね。



換気も兼ねて大きめな穴を開けたほうが良いかもしれません。




このメーカのシリーズには安価なおもしろいIPシリーズがあるようなので一度秋月電子さんの店内を覗いてみると良いかとおもいます。

TOPへ戻る