真面目なアンプを製作(6BM8 超3極管接続シングルアンプ) その1
一度だけバラックでつくったことのある真空管アンプですが、ちゃんとしな物を製作したくなりました。
といってもただ製作しるだけじゃつまらないので、後から色々実験できるように電源とアンプは別にしながら格好良く作りたいと考えています。
6BM8といえば、昔のTVの音声出力管ですが、いまはSOVTEC製(ロシア)のものがいつでも安く手に入ります。それからアンプの方式はその音では評価の高い「超3極管接続」方式を採用してその実力を味わってみたいと思います。

【まずはシャーシ加工から】

電源ユニットのシャーシ加工

ドリル(3φと8φを主に使用)、ハンドニブラとシャーシパンチ、ヤスリで取りつけ穴を整えます。
はやり、シャシパンチがないと大変ですね。




アンプユニットのシャーシ加工



おおもの部品をを取りつけて仕上げの確認です。

まだボリュームは付けてませんが、なかなかカッコイイじゃないですか(笑)


つぎへ

Home