電子定款はそれほど難しくない(備忘録)
 

色々事情があって、会社を立ち上げることにしました。
といっても、最初は一人だけ・・・・・
なので売上も爪の垢ていどですので、あまりお金をかけたくないところです。

起業する際に一番面倒なのが定款の作成と認証で結構お金がかかるのですが、節約もできるところでもあります。

定款は色々サンプルを集めてどうにかこうにか書き上げて司法書士さんに相談にいったら「よくここまで書いたね、ほとんどできあがってますよ」という感じです。
大抵は決まり文句で、「目的」のところだけ考えれば何とかなります。

あとは、定款の認証と法人の登記が手続き上のヤマでして、定款を紙から電子化すると約4万円の節約になります。

まずは、住民基本台帳カードをつくることろろから始まります。
これは市役所のに行っけばすぐに作ってもらえます。この時、身分を証明できるものと、印鑑、お金¥1000を持って行きましょう。
まずはカードの申請で¥500です。

何も以内とカードだけ作って、個人認証データを入れてくれないので、一緒に頼みます。(これにも¥500必要)

カードがをもらってもパソコンで読めないので、カードリーダーをPCを扱う電気屋さんに行って買いましょう。
おおよそ2〜3千円ですので安いものです。
わたしの買ったのはSONYのカードリーダーでSUICAのデータや楽天のEDYの情報も読み出すことができて便利。




長時間、カードを置いておくとCPUの周辺が結構暖かくなるのですが・・・、ちょっと心配。
USBケーブルを接続するとOS(wIN−XP)がドライバーをどこからか見つけてインストールしてくれるので簡単です。


さて、電子認証データをいれてもらったカードを読み出してみます。
それには、「個人認証サービス」というサイトから読み出しソフトをダウンロードしてインストールする必要があります。(無料)





ダウンロードしてかた起動すると下のようなダイアログがでますので「自分の証明」をクリックすると、市役所で設定したパスワード入力を求めきますので入力すると、




カードのデータが読み出すことができればしめたものです。これで、カードリーダとパソコンの接続は確認がとれました。




さて、本命の定款を電子署名するための環境作りです。
すくなくともアクロバットを何らかの手段で手元に揃える必要があります。
わたしはヤフオクでアクロバットの旧版(Acrobat-9 standard)を安く購入しました。

そのほか必要なソフトは、法務省が運営している「登記ねっと・信託ねっと」から署名用プラグインをダウンロードします。このプラグインは法務局の登記・ほかの手続き用にカスタマイズしたものだしく、カードリーダーからのデータを使うことを前提としているみたいです。

ところが、インストールしてもどうやって署名すればいいのかわからず半日潰してしまいました。
単純にプラグインをインストールしても署名できないのです。
色々あちことのサイトを見てもそのあたりの説明がみあたらない・・・・


一応アクロバット自身はサードパーティーのプラグインを認識しているのですが、住基台帳カードのデータを読みとって署名するまでに至らないのでした。

いろいろ調べてみたら、以下の設定が必要ということが判明!(どこにもそんな説明していないだなぁ・・・)



見つかってしまえば当たり前だったのですが、日頃マニュアルなど読まない私にとっては難題でした(笑)。




サードパーティ専用のプラグイン設定ダイアログです。ここでは、署名した後に押される印影を指定することができます。そのままでは、無骨な「印」というのが押されてしまうので入れ替えた方が良いでしょう。



プルダウンメニューより「署名」をクリックすると、署名スペースをマウス指定すると署名の入力画面がでてきますので、必要に応じて名前、あとは市役所で設定したパスワード を入力すると、なにやらデータのやりとりをしばらくして署名完了となります。



これでやっと電子定款を作る準備は整いましたのであとは定款を作成。

定款の作成においては、ネットを検索しているとあちこちで見つけることが出来ますが、けっこういいかげんなモノが多いようです。
知り合い会社の定款や、ネットで拾ってきたものを組み合わせながらたたき台を作って公証人役場に相談に行きました。



(↑前橋市にある公証人役場 駐車場は近隣のパーキングへ止めれば無料券がもらえる)

以前、別の公証人役場で定款の認証を受けたことがあるのですが、なんとなく重苦しい雰囲気でしが、前橋市の担当の方はいたって親切で細かくアドバイスをしてくれます。
話によりと電子定款を発起人自ら作成して手続きを行う人は希なようで、私みたいに色々しらべて話をしに来る人が初めてみたいです。

電子定款にはアクロバットでの署名がはいるのですが、印影はいらないのですか?と聞いたら「何でも良いからこの場所に署名があるわかるようにハンコのようなものがあった方が良いよ」と教えてもらいました。

2〜3回作った定款をチェックしてもらって、あとはネットから申請ソフトを使って認証を目指します。



そして最後は、登記・信託ねっとの「申請総合ソフト」を使って申請手続きを進めるのみです。(つぎのヤマ場)
 

TOPへ戻る