ネットワークセキュリティツールの紹介(AVG,Zonealarm)

AVG freeedition 6.0
フリーウェアで有名なウィルスチェックソフトです。
メールの送信/受信時に広告が付加されます。
ウィルスデータのアップデートがちょっと遅いのと、なぜか無料版のダウンロードサーバーが込み合っているのか手動でないと更新が上手くできない。
ID取得時に必要な登録は全て英語なので、英語が苦手な人には辛いかもしれません
機能の市販のソフトと同等といっても良く、しっかりとチェックしてくれますので安心できます。

AVG 7.0 peofessional
メールの送受信時には広告は付加されません。2年間のライセンスで33$なので市販のウィルスチェックソフトよりお得です。
購入はWEBサイトからクレジットカードを使って登録すればメールでライセンスIDを送ってくれます。(簡単)
無料版では自動アップデートが失敗したのですが、有料版は問題なくウィルスデータがアップデートできます。
機能的には、Nortonやウィルスバスタより細かな設定の可能で多機能です。(わたし好み?)

ZoneAlerm
無料で高機能なファイヤーウォールソフトです。(英語版のみ)
機能的には市販の物と同等です。私は以前シマンテックのインターネットセキュリティを使っていましたが、日本語表示でないことをのぞけば、ファイヤー ウォール機能に関してはこちらの方が使い 易いような気がします。(細かな設定ができます)
常時接続においてもWANにある自分のPCを不可視にすることも可能です。当たり前ですが、LAN上ではIPアドレス制限もかけられます。AVGと組み合 わせればウィルス&セキュリティは万全です。

PTF
これも有名なファイヤーウォールソフトです。


NortonInternetScurity(シマンテック)
機能的、安全性、安定性ではお勧めですが毎年払う更新料はもうちょっと安くならないでしょうか。。。(笑)
ウィルスチェックにかかる時間がAVGと比較して遅く感じるのは私だけでしょうか。今度計測してみようかと思います。

ウィルスバスター
個人的にあまり好きでない(昔使っていたらよく落ちた)。




実験室TOP